じゃない写真~dnal yensid~

先日、息子が誕生日に「いきたい」というので、15~16年ぶりに浦安のテーマパークに行ってまいりました。


色々と写真を撮ったのですが、基本的にひねくれている性格なので、こちらのテーマパークを王道的に楽しむことができません笑


ということで、【モノクロ】【反射】【シネスコ】【swing】という4つのテーマで、「じゃない写真」を意識してカメラを楽しんでみました。

 

【モノクロ】

まずはモノクロの1×1サイズ













換算150mmなので、切り取る感じと、モノクロが好きな感じ。

中判フィルムの気持ちで。

 

【反射】

次は反射、リフレクションを意識して撮ったもの。











この日は雨が降ったりやんだり。楽しめたけど、雨宿りの時間もいくらかありました。



 

【シネスコ】

シネスコとは、シネマスコープというサイズ。つまり映画でよく使われていたアスペクト比ですね。






このサイズで撮るだけでシネマ感増して好きな感じ。オールドシネレンズの青みも良く合います。

 

【swing】

最後にswing。つまり揺らした写真です。ぼくの大好きなカメラsdQuattroは、iso感度を100~200程度ではないと本領が発揮できないと言われています。なので、夜景はぶれてしまって苦手な分野なのですが、それを逆手にとってのテーマ。










この揺れ、ブレがなんとも言えない雰囲気ですねえ。光源が多種多様なので、この撮り方でもバリエーションがでそう。またやってみたい。



 

とまあ、こんな感じの、ひねくれテーマパーク。タイトルを付けるとしたら『dnal yensid』という感じでしょうか。


あ、でもちゃんとそれっぽいのも撮ってましたよ笑。





閲覧数:19回