やっぱりこのレンズが好き

カメラをやっていると表題のような気持ちになることはとても多いと思います。


今、ぼくが所有していて、メインで稼働しているのは

leitz Elmer 65mm f3.5 】【carl zeiss sonnar 85mm f2.8】【leitz focotar 50mm f4.5

と今回紹介するこちら


【LOMO okc po2-2 75mm f2】



レンズを買った直後など、やっぱり買ったものが多く稼働することが多いのですが、どうしても戻ってきてしまうのがこのレンズ。


ロシアのオールドレンズで、シネレンズになります。


なんでしょう、とても好み。そして、比較的コンパクト。他のメインレンズと比べると重いのですが、まあ許容範囲かなあ。毎日、通勤に持って行くことができるぐらいの重さです。


今回は、最近行った公園での作例を。





WBは青に寄せまくっています。やっぱり「シネレンズだから」という安易なイメージから、シネスコサイズで撮ることが多いです。















やはりピント面の浮き立つ感じが物凄く好みかなあ。

f2なので、晴れの公園では、絞って使うこともできるので、そういう意味でも良いです。



あと、他のレンズを使っている時に6×7サイズで撮ることも多く、このレンズでもシネスコではなく6×7で撮ることも増えてきました。










この6×7もいいですよねえ。なんちゃって中判フィルム。foveonは一番フィルムに近い光の取り込み方なセンサーなので、勝手に相性がいいなあ、などと思っております笑



さて、このレンズも買ってから10ヶ月ぐらい経とうとしていますが、やっぱり好みにバシッとハマります。

オールドなので、光の向きによっては緑のフレアがふわっと入ってしまうので、そこがウィークポイントといえばウィークポイントなのですが、それを持ってあまりある好みの描写です。





やっぱりこれ使っちゃうレンズ、皆さんはどんなものがありますか??