シネマあそび

sdquattroを使うようになって、やりだしたことが、このシネマあそび。


もともとカラーエフェクトにcinemaというものがあるのもそうなんですが、

撮れるサイズに21:9のシネスコサイズがあり、これがめちゃくちゃ楽しいです。


とりあえず作例を。











こんな感じのサイズ感。うーん、楽しい。



あと、このシネマあそびをやりだして、意識しだしたことが、組み写真


一枚で完結というよりも、時間やストーリーを感じるように撮ったり、アップしたりしています。









このように単純に時間軸がわかりやすいものもいいのですが、最近読んでわかりやすかったのは、大好きな写真家の濱田英明さんのツイート。





ギターやピアノをかじっていた自分としては写真をコードに、というのはとてもわかりやすく、こう言う感じの響きと流れを意識するには、とても良いです。


コードを意識した組み方がこちら。












なんとなくずっとメジャーセブンスできて、最後ディミニッシュ。














これはなんとなく

マイナー、ディミニッシュ、メジャーセブンス、メジャー

という感じ。


うーん楽しい。


この21:9は最新のfpにも入っているようなので、そちらの作例のほうが、検索すると出てくると思いますが、この感じ、ほんとおすすめです。





0回の閲覧

© 2018 by nt-go.

​ハンドメイド ブログ

  • Grey Twitter Icon