タンバリンジャケット

最近は写真、動画の記事ばかりでしたが、ハンドメイドもしています。



【タンバリンジャケット】

ミナペルホネンのテキスタイル「タンバリン」を使ったジャケットです。



生地も刺繍も黒ですが、もともと可愛らしい柄なので、自分の雰囲気に合うように

袖はデニムの切り替えにしました。


裏地は秋冬っぽいチェック柄。裏と表でガラガラになるかな?とも思ったけど、喧嘩しなくてよかった。



あと裏地と表地の間にシンサレートというあったかい素材を入れて、防寒できるようにしました。


ファスナーは生地の黒に合うように、アンティークゴールド。まあまあいい感じでまとまったかなあ。



そして、実は、と言ってはなんですがこの服は、もともと違う服でした。

このレザーとの切り替えコート。




この頃のパターンは腕周りで無理があったので、脇の下などがほつれてきてしまっていて着なくなっていました。

タンバリンも高い生地なので勿体無いなあ、ということで、リメイクしたのがこの服。


大きな生地からとるわけではないので、制約もありましたが、それはそれで面白かった!


こうやって服の形を変えて何年も使っていきたいなあ。






21回の閲覧