ハロー、グッバイ

春は出会いと別れの季節といいますが

ぼくはカメラとのお別れを決めました。


グッバイ


【fujifilm x-pro2】

初めて手にした本格的なカメラです。

もともと欲しかったけれど、なかなか手を出せずにいましたが、

息子が生まれるのをきっかけに、中古で購入。

一緒にxf35f2を買いました。




それからは、楽しくて楽しくてしょうがなかった!




たくさん撮りました!

撮っていくうちに欲が出てきて、

【より良い写真を撮りたい】

と記録だけではない写真の魅力も考えられるようになり、

オールドレンズや

フィルムも始めるようになりました。



そうしていくうちに、またひとつの気持ちがうまれました。

【もっとカメラがうまくなりたい】

そう考えると、もしかしたらx-pro2じゃないんじゃないか、とも思い始めていました。

すごい大好きな写真が撮れているのは事実だけど、これはx-pro2がすべて助けてくれているんじゃないか、と。



とても寂しいのだけれど、

カメラの楽しさや魅力を教えてくれた

自転車の補助輪のようにずっと支えてくれた

x-pro2とお別れするならいまなんじゃないか、と。

本当に、始めたのがx-pro2じゃなかったら、ここまでカメラにハマっていなかったと思う。

本当にありがとうx-pro2



ハロー



そして新しいカメラとして

【sigma sd quattro】

を買いました。

一応、選んだ理由など



①センサー

写真好きのなかでは言わずもがなかもしれませんが、sigmaのカメラのセンサーは他のメーカーと違う形をとっています(fpは除く)。

普通のデジタルセンサーはベイヤーセンサーといい、ざっくりいうと一枚のセンサーに赤、青、緑が割り当てられている感じ。

sigmaはfoveonセンサーといい、赤のセンサー、青のセンサー、緑のセンサーの三枚が重なっており、それぞれを合算して一枚の写真にする感じです。


それによって、他にはない解像感を得られるということらしいです。

これはグッバイの

【より良い写真を撮りたい】

に合致する気がします。