夏はvelvia

普段、ここに載せている写真は、全てfijifilmのx-pro2というカメラでとっていますが、

このx-pro2(だけではないが)、色々なフィルムをイメージしたフィルター(フィルムシミュレーション)があります。

いつも常用しているのは、クラシッククロームという、名前の通り、クラシックな雰囲気のトーンが抑えめなものをカスタムしたもの→ https://www.ateliernt.com/post/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%A0

なのですが、

木々が元気になってくる春過ぎから夏は、どうしても発色の良いvelviaというフィルムシミュレーションも使いたくなってきます。

【velvia】

【クラシッククローム】

縦横で違うので、あれなんですが、velviaのほうが陽に透ける緑の感じや影のコントラストが、よりジリジリとした夏に合っている気がします。

対してクラシッククロームは、全体的にトーンが抑えられていて、よりノスタルジーを感じさせる、まさにフィルムの感じ。

もう一つ対比を。

【velvia】

【クラシッククローム】

影のコントラストが良かったので、どちらも比較的ローキーで撮っていますが、velviaのほうが、より発色のよい青になるので、空に目が行く感じですかね。クラシッククロームはどちらかといえば全体をみせている感じ。あとは、今の夏と過去の夏って感じかなあ。


以下、velviaの作例を。













やっぱりどれもいい色だなあ。

完全にいまは、クラシッククロームとvelviaのツートップ体制。


カメラ記事が続きましたね。ちょこちょこ作っているので、ハンドメイド記事も載せていきたい。

0回の閲覧

© 2018 by nt-go.

​ハンドメイド ブログ

  • Grey Twitter Icon