枝メガネ アレンジ

ライフワーク的にいくつも作っていきたいなあ、と思っているのがこの枝眼鏡。


今回で3本目です。(前回作ったものはこちら)




作り方自体はいたって、簡単。

とはいうものの、さすがに眼鏡をフレームからは作れないので眼鏡は既成品を使います。


今回は、ちょうど良いビンテージものがヤフオクにあったので、それを購入して使いました。



(ヤフオクより引用)


アレンジする眼鏡としての条件としては、綱手と一山。

綱手とは、耳かけの部分がバネのように伸縮して伸びるタイプのもの。

一山とは、鼻あてではなく、フレームを曲げて鼻に眼鏡が直接乗るタイプのものです。


どちらも古い眼鏡によくみられる特徴です。




さて、作り方。(写真は撮り忘れでないですが・・・汗)

長さを整えた枝に、ドリルで穴をあけます。


それらを耳かけに差し込んで接着剤で固定。


鼻の部分も、木に穴を開け、思い切って一山を切り、両側から差し込み、接着剤。


完成するとこんな感じです。




なかなかビンテージの風合いに木がマッチしている気がするのですがどうでしょう。



綱手が曲がるので、ここまで差し込める。



反対側



一山部分。



ちょっと分かりづらいですが、鼻の凸に合わせて、凹の形で削っています。





改めて全体像。


レンズは、恵比寿にあるgroomさんに入れていただきました。

ビンテージものを得意としていて、お店には個性的なオリジナルフレームやビンテージものも数多くあり、見るだけでも楽しめるお店だと思います。


カメラでもそうだけど、やっぱりいいレンズは同じ度数でも見え方が違う!

脳がセンサーだとしたら、メガネは前玉だものなあ。


いいレンズは、ピント面と後ろのボケ感が違うなあ、と思いました。



やっぱり気に入った持ち物は生活のテンションが上がります!

枝の経年変化も楽しみ!





11回の閲覧