© 2018 by nt-go.

​ハンドメイド ブログ

  • Grey Twitter Icon

小休止の

作ることがアウトプットだとしたら、作り続けると、色々なものが枯渇していく気がしています。

だから、インプットが必要で、それは、服を見るとか、ミシンの情報を得る、とかでなく、

色々なカルチャーを少しずつ取り入れていくことで、自分の中で色々と点と点が線になって、作りたいものができていくような、気がしています。


この小休止のでは、そんなインプットの中でも好きなものをあげていきたいな、と思っています。


今回は 小休止の【本】




過去に読んだ本で、一冊決めろと言われたら、この本をあげると思う。

『つむじ風食堂と僕』


12の少年リツ君が、つむじ風食堂で少し癖のある大人たちと

“仕事”についての話をつれづれとしていく中で、将来について考えていくお話です。


特段なにかが起こるわけでもなく、会話を主体に淡々と過ぎていく話ですが、

この空気感がとても心地よい。



おカマのマリーさんのこの言葉が好き。


小説と言っても、とても短い本なので、サッと読み終えられる。ただ、この短さが残念になるほど、ずっと浸かっていたい世界です。


ちなみに、サイン会に行くぐらいは、この作家が好き笑




https://www.amazon.co.jp/つむじ風食堂と僕-ちくまプリマー新書-吉田-篤弘/dp/4480689028

52回の閲覧