Pentax645N × f planar 110mm f2 × pro400H

毎年、夏に父の実家に行って、草刈りをしています。

その時に、タイトルのように、Pentax645N に f planar 110mm f2 をつけて pro400Hを詰めたものを持っていき、パシャパシャと徒然に写真を撮りました。


今回は、そんな写真たちの紹介記事。現像は山本写真機店さんです。


 

本当に山に囲まれた場所。隣家はあるけれど、夜はカエルやコウモリ、もしかするとサルも出てくるような場所です。


父の生家。古くて、床に穴は空き、コウモリがいました。秋には取り壊す予定。

この草を刈りにいくのです。


とはいえ、昔の家。瓦など、とてもしっかりしています。


静かな時間。






近所の田んぼには、稲が青々と茂っていて、きれいでした。









近くの川は、前日の雨で、少しだけ流れが増していました。

さすがのf planar。空気感、湿度があります。







自分にとっての非日常。でもこの場所にとっては日常なのだなあ、と思いながら、シャッターを切っていきました。


ただの写真紹介記事ですが、どうだったかなあ。

僕は、他の人のブログでも、ただただ写真だけのものも好きなのだけれど。


いつか、ここに連泊しながら、写真を撮りまくるみたいなこともしてみたいなあ。

閲覧数:24回