自分の写真集

ここのところ、勉強も兼ねて、色々な写真展に行ったり、写真集を買ったりしています。


そうすると、こんな欲が・・・「自分の写真集も欲しい・・・」


もちろん、出版すると言うわけにはいかないんですが、モノとして、写真をめくって眺めることができる媒体はとても心が惹かれる!と言うことで、個人で1冊から発注できるアルバムサービスを頼んでみました。



選んだのは、canonが提供している、PhotoJewelS。


選んだ基準としては、

・比較的大きめな本のサイズがある

・カメラ、プリンターメーカーの強みがある品質

・アプリで選択、編集できる

と言う感じ。



こんな感じで、ソフト・ハードカバーや、光沢・半光沢、サイズなどが選べます。




こんな感じで、写真を選択・入れ替えをしながら、見開きでイメージできるので、とてもやりやすかったです。



で、出来上がったのがこんな感じ。























どうだったでしょうか。


作ってみて思ったのは、とてもとても楽しい!ということ。


手に持って眺めている体験的価値や、自分の好きな写真しかないとか、楽しい要素しかないので、本当に楽しいです(語彙)


あと、写真としての質感も(もちろん上を見ればキリがないですが)、個人で楽しむ分にはとても上質だと思いました。


そして勉強になったのは、組写真としてのイメージ。

見開きで考えていくので、どんな情報でどう伝わるか(読者は自分だけど・・・笑)を考えたので、とても勉強になりました。


これは年に何回か作っていきたいお手軽満足体験!


カメラは好きだけどデータを眺めるだけの僕のようなアマチュアの方々には、とてもオススメな気がする。