pentax 645N

カメラ紹介です。


ぼくはデジタル以外にも、フィルム写真もやります。中判。

少し前に新しく中判カメラを迎え入れたので、そのご紹介。



【pentax645N】



 

pentax645のNだけのやつです。

pentax645には、無印645、645N、645NⅡがあるのですが、色々調べて、操作性などから、この645Nにしました。


さて、外観。



まずは、とても小さくて軽い!というのが第一印象。と言っても対中判フィルムカメラのなかでは、という感じですが笑


でもcontax645と比べると本当に軽い。


そして軍艦部


無印645はこの操作感がわかりにくそうだったので、ダイヤルのNシリーズにしました。うん、わかりやすい。(でも無印ユーザーの話をみると、慣れるとそんなわかりにくいわけではないらしいですが)



電源をoffにしても、残り枚数がわかる表示



そして、ここが1番の推しポイントなんですけど、シャッターグリップと本体のこの隙間。

この隙間が最高です。

できるだけ軽く、という意図なのかなあ、と想像しますが、単純にデザインとしての遊びを感じて、すごく好き。



そしてレンズなのですが、petax645の純正シリーズではなく、contax645のときから使っているplanar110mをマウントアダプターで使用しています。

カメラ本体の軽さを台無しにするレンズだけど、本当に好きな写りなんです。



 

と、いうことでいくつか写真を。


portra400

はい、最高。

センターズレは許して下さい笑











 

次は

pro400H


あるあるだけど、シャボン玉ってよい。




綿毛も、よい。




新しい魅力に出会って、終始笑顔なのがいい。


ほんと、綿毛の国って感じの場所があった。



 

実は前に持っていたcontax645は、重さと大きさと、お金の工面のために手放してしまいましたが、まだ、sdquattroほどのカメラに対しての愛がなくて、これからpentax645Nが相棒になってくれるのか、心配な部分もありつつ。


でもとても気軽に持ち出せるので、頻度高めていきたいなあ。