木と革のバッグ

ずっと作りたかった木の器を使った革バッグ。


取っ手には、「木のものが多いのに」「底がカゴのカバンはあるのに」、と思いだしてから、ずっと作ってみたかったものです。


木の器(今回は、D&Sというところのブレッドトレイを使いました。)に、一つ一つ1センチ間隔でドリルで穴を開け、

手縫いで、革とつなげていきました。

【木の種類はアカシヤ この手の器では定番】


底が綺麗なカーブで、イメージとぴったり。ずっと作りたかった、というのは、このイメージに合う木の器がなかったからでもあります。丸い皿はあるけれど、自分の使うカバンとして使いやすい、楕円がなく、作り出すまでに時間がかかってしまいました。


フラップには開け閉めのしやすい、差し込み金具にしました。

革や木に、金属がくっつくと、それだけで雰囲気がでます。


サイズ感も、いまの自分が使うには、とっても使い勝手の良い大きさ。


革と木の経年変化がどうなっていくか、いまから本当に楽しみ!


© 2018 by nt-go.

​ハンドメイド ブログ

  • Grey Twitter Icon