mamiya secor c 80mm f1.9

あけました。

年明け最初の記事は、年末に買ったレンズについて。



【mamiya sekor c 80mm f1.9】


 

このレンズについて知ったのは、こちらのFOTONEさんのブログです。

FOTONEさんは、デジタルで中判フィルムを再現しようと色々試されていて、プリセットや現像、機材のこだわりを、素敵な写真とともに載せており、とても読み応えがあります。


そんなFOTONEさんが「中判フィルムライク道完結!!」と書いているのでとても気になっていたのがこのレンズ。


mamiya645用、つまり中判フィルム用のレンズです。

そのため、径は太いですが、比較的コンパクト。以前紹介したf planar110mmよりも取り回しが良い。


このオレンジや緑の文字がいいですね。好きなデザイン。



 

ただ、f planar110mmのように、SAマウントのマウントアダプターはありません。

m42マウントアダプターもないので、基本的にsdQuattroにはつけられないのですが、さすが先人の知恵ですね。接写用の中間リングを利用して、m42マウントアダプターを自作している方がブログ記事を発見。


その方は、中間リングにジャンクのm42レンズからアダプタ部分だけを抜いて改造されていましたが、それもなんとなく気が引けたので、こんな感じのm42-m42のアダプターを利用。


溶接レベルという接着剤を使って中間リングと接着。あとはフリンジバッグを合わせるためにひたすらヤスリがけ。




レンズ自体を改造しているわけではないので、気が楽でした。


レンズに装着するとこんな感じ


 

そうやってひと手間かけて撮影できるようになったので、愛着も増しますね笑

では、そんなレンズとマウントアダプターで撮った写真たちをいくつか。













センサーサイズもセンサーのシステムも違うので、FOTONEさんのブログの写真とはボケ感も色味ももちろん違いますが、

いやー、手間をかけてよかった。。本当に好きだ、このレンズの描写。


planarとともに中判レンズをAPS-Cで贅沢使い。これで2022はどんどん写真を撮っていきたいです。



閲覧数:0回