BMPCC ORIGINAL

新しいカメラを買いました。



【BMPCC ORIGINAL】

普段使っているカメラは、SIGMAのsdQuattroというカメラなのですが、これは写真専用のカメラで、動画は撮れませんでした。

しかし、市川渚さんやドリキンさんの動画を見ているうちに、動画にも興味が出てきてしまい・・・

ちょっと動画に挑戦してみようと買った、動画専用カメラです。センサーはマイクロフォーサーズ。FHDの映像が撮れます。


カメラ本体



もう、小さくて、可愛いですよねえ。

Bmpccには、4kの映像が撮れるbmpcc4kというものがあるのですが、それはなんかデザインの方向性が変わって、大きく、メカメカしくなっているんですよね。


このサイズ感と可愛いデザインが好きで、こちらを選んだ感じ。


まあ、とはいうものの、可愛い値段に惹かれたのも事実 笑。

bmpcc4kが中古でも12〜3万円ほどでしたが、このカメラは中古相場6〜7万程度。

ぼくはヤフオクで運よく3万円程度で買えました。



セッティング

そして、カメラに合わせて色々とアクセサリも買ってみました。


レンズ

LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm / F3.5-5.6 ASPH. / POWER O.I.S.




bmpccにはボディ内に手振れ補正が付いていないので、レンズを手振れ補正付きのものにしてみました。そしてその中でも、比較的小さくて軽いもの。95g。

さすがマイクロフォーサーズ。レンズも小さくて良い。



グリップ

Ulanzi BG-2 ハンドグリップ




こちらも映像を安定させるために買ったハンドグリップ。

本当はジンバルを買った方がいいかも知れないけれど、最初なのでこれでちょっと頑張ってみようと思います。


そして、このグリップの最大の特徴が、モバイルバッテリーにもなっている点。

Bmpccは、この小ささと引き換えに、ものすごく電池の減りが早いようで、10〜20分程度しか撮ることができません。

なので、電源供給も可能なこのウランジのバッテリーグリップにしました。


あと、一緒に写っているケーブルは、昇圧ケーブル。

このバッテリーグリップは、5vの給電設定なのですが、bmpccは12v設定なので、昇圧して供給しています。

三脚

Manfrotto MP3-BK



固定するための三脚は、マンフロットのポケット三脚。

その名の通り、畳むとポケットに入るサイズです。

小さいながら、対荷重も1.5kg としっかりしています。

全部組み合わせるとこんな感じ




なかなかコンパクトなセッティングにできたのではないでしょうか。


ちなみに

Bmpcc本体 355g

レンズ    95g

グリップ   250g

三脚     70g


総量     770g


本体の小ささをいかしたセッティングです。

ただ、とても大事な手振れには対処しきれていないセッティングなので、今後、色々やるようになったらジンバルかなあ。





ということで、新しく買った動画カメラ。


またしっかりと撮ったら、紹介したいけど、軽く編集するだけで、勝手がわからず難しい・・・・

でもそれがたのしい!









53回の閲覧